山形 さんMaltalingua 2017/5~2017/11 期間: 24週

 

[マルタスタディの良いところ]
会社を退職し、半年のマルタ留学を決めた私にとってエージェント選びはとても重要でした。
私の目的はそもそもワーキングホリデーに行くことです。
しかしワーキングホリデー諸国(オーストラリア、イギリス、カナダ等…)は語学学校に日本人の割合が多いだろうと予測し、英語レベルが十分でない私が行ったところで、結局日本人のコミュニティに入ってしまい英語の上達が遅くなるのではないかという不安がありました。
そこで、まだ留学先としてそこまでメジャーではなく、物価もイギリスほど高くなく、趣味でイタリア語を勉強していた私にピッタリだと思ったマルタに留学先を決めました。
(マルタ人はイタリア語が話せる人も多いです)
私は最初、日本のエージェント会社にしようと思い説明会に行っていましたが、とにかく滞在期間が長いので、日本からちゃんとサポートは受けられるのだろうか…と不安に思っていたところ、現地サポート可能のマルタスタディの存在を知りました。

私は最初に希望の語学学校を自分で決めていましたが、マルタスタディではその希望校との契約実績がなかったところ、マルタスタディスタッフのクリスが新たにアポを取って斡旋してくれました。(他会社では「契約実績ないためお手伝いできません、全て自分でしてください」と言われました。)
クリス自ら語学学校に赴きスタッフと話し、学校の雰囲気も写真に撮って送ってくれました。
クリスが東京に仕事で来ていた際には実際に会って話を聞くことができたり、東京でマルタスタディのセミナーも開催して頂き少人数制のなかマルタ島全体の話も詳しく聞くことができました。
マルタ現地でいつでも頼れるという安心感のあるマルタスタディを選んで良かったです。
私はマルタに到着する前にイタリアとドイツを旅行しており、イタリアでパスポートを紛失しました。
幸いにも現地で無事に再発行ができマルタに到着できたのですが、私はマルタで学生ビザ申請が必要にもかかわらず、新しいパスポートにはEU入国のスタンプがなく通常より学生ビザ申請に手間がかかりましたが、それもクリスが全てサポートしてくれました。
また、一度土曜日にアパートメントのプロパンガスが切れた事があり、相談したところクリスがすぐにアパートまで来て新しいガスに付け替えてくれました。
土日は学校スタッフにメールをしても無視されていたので、とても助かりました。
学校について不満を持っていた時期には私自身も学校と話し合いましたが、クリスに相談したところ学校と掛け合って私の留学生活がより良いものになるよう手伝ってくれました。


Review

[学校について]
私はとにかく日本人が少ない学校に行きたいと思い自分で調べたところ、Malta linguaに行き着きました。
実際ドイツ人とイタリア人の割合が非常に多くこの2か国で50%を超えています。
またポーランド人が多いのも特徴かと思います。
24週のうちで日本人を見かけたのは10人以下でした。
基本的にアジアからの学生が少なくヨーロピアン主流です。
最初は先生もクラスメイトも何を言っているのか全く分かりませんでした。学校では毎週金曜日にテストがあり、初めてのテストの際は答え合わせを全く聞き取ることができず涙が出ました。 これが、何があっても絶対に学校は休まないと誓った瞬間です(笑)
このお陰か、私は最初intermediate(B1)クラスでしたが卒業証書はAdvanced(C1)を手に入れることができました!
学校に日本人が全くいなかったことは英語の上達に大いに役立っていたと思います。
この経験で自信がついたのでワーキングホリデーの時には語学学校に行く予定はありません。
ただ近隣諸国からのバカンス兼勉強でマルタに来ている学生が9割超えており1~2週間の短期滞在の学生ばかりで友達を作るのが難しかったです。勉強に対するのモチベーションも違います。結局一番仲良くなった友達は学校の先生でした。
教師陣はイギリス人とマルタ人の先生の割合が半々くらいです。
マルタ人の先生はよく欠勤します。先生方も短期滞在の学生に慣れているので授業のバリエーションが少ないと感じました。
私は午後のスピーキングクラスも取っていて内容がダブることもよくありました。
日本人は本当に少ないので短期でしっかり勉強したい!という方にはお勧めできる学校です。


Review

[滞在先について]
私はスクールアパートメントのシングルルームに滞在し、最大で5~6人と生活していました。ダブルルームは同性がルームメイトですがフラット自体は男女混合です。
学校から徒歩5分くらいで立地は非常に良かったです。
始めに住んでいたアパートはエアコンがなく夏場は40℃近くまで気温が上がり死にそうでした。
また網戸がなかったので常に蚊に刺されました。
7月下旬に学校都合でアパートを移ることになり、そちらには自室にエアコンがついていました。共用部分のエアコンは壊れて使えませんでした。
物件によってエアコンの有無が変わりますが自分では選べないので完全に運です。長期滞在の学生さんでしたら希望を出せば移動できるかもしれませんが短期の方は諦めたほうがいいです。
Mlata linguaはサンジュリアンとスリーマの間くらいに位置しておりこの辺りは非常に家賃の高いエリアなのでアパートメントの料金も高かったです。週1回清掃が入るとはいえ1ヵ月10万円以上していたと思います。
今思えば初めの2ヵ月ほどは学校のアパートに滞在し、残りは現地でシェアアパートメントを探しても良かったかなと思います。
フラットメイトもコロコロ変わるので毎回ハウスルール等を説明するもの大変でした。


Review Review

[マルタについて]
私は5~11月の夏真っ盛りに滞在していたので本当に暑かったです。この時期は語学学校の価格も跳ね上がりますし、どこに行っても人は多いし私はそもそも暑いのが嫌いなので時期をもう少しずらしても良かったかなと思います。
ゴゾ・コミノ島などの観光スポットは9月になってから行き始めました。観光客の数も減りますし海にもまだまだ入れるので十分でした。
コミノは私が生きてきた中で一番きれいな海です。あの海の透明度は忘れられません。
またマルタから他国への旅行に行きやすく滞在中はベルギーとオランダに訪れました。
往路と復路で利用空港違ったためそこまで安くはなりませんでしたが、それでも1万5千円ほどで航空券が買えたと思います。


Review