マルタのブルーグロット(青の洞門)

 

年間10万人もの観光客が訪れる、大変人気の観光地ブルー・グロットは、ズリーの町の南端「Wied iz-Zurrieq」近くに位置しています。


波の浸食によって石灰石の岩壁がえぐり取られ、いくつもの洞窟が作り出されました。太陽が低い位置にある朝の時間帯が洞窟内にたくさんの光が差し込み、一面がエメラルドブルーに広がります。また透明度が高いため石灰石に埋め込まれた多色の珊瑚も見ることができ、青とピンクのコントラストがとても綺麗です。天気の良い日を選んでぜひ訪れてみてください。

blugrottoa

また5キロ先南方、小さな無人島Filfa(フィルフラ)の姿をご覧いただくことができます。フィルフラには生物学的にも珍しい生き物が多く、フィルフラにしかいないトカゲが生息しているとのこと。しかし、環境保護のため政府から保護されているこの島に一般人は立ち入ることができません。昔、マルタが英国の植民地であった時代には、フィルフラは英国空軍演習のターゲットとして使用されていました。

bluegrottob

行き方


1.BUS

ヴァレッタから74番(最短50分)

スリーマエリアからX2番に乗り、空港へ。そこから乗り換え201番へ(最短1時間半)


2.学校アクティビティ

ほぼ全ての語学学校でブルー・グロットに訪れるアクティビティが用意されています。語学学校によってはウェルカムイベントに含まれているところもあります。


3.マルタスタディ観光サービス

ブルー・グロットはバスだとヴァレッタから最短でも50分と少々距離がある上、ボートに乗りたい場合は天候にも左右されます。洞窟内に行く予定だったのに強風でボートが出ていないなんてことも起こり得ます。そんな時にマルタスタディでご用意しているお手頃価格のタクシーサービスや日本語/英語ガイド付きプライベートツアーなら、簡単にプラン変更も可能です。より効率的に観光地を回ることができるので短期のご留学、ご旅行のお客様には特におすすめです。詳しい内容はこちら


料金


ボートの料金は8ユーロ。

マルタの伝統的船Luzzuでいく洞窟探検は約20分ほど。

荒波などの天候によってボートが運航していない場合もございます。