マルタの漁師の村 マルサシュロック


人口3500人のとても小さな村マルサシュロック。
漁師の村として知られており、MarsaはPort(港)、xlokkはマルタの南東エリアを表します。
マルサシュロックにはマルタの伝統的な船ルッツが停泊しており、ブルーの海とカラフルな船のコントラストがとても綺麗です。船のフロント部分にはオシリスの目が描かれており、これは悪天候や不漁から漁師を守る魔除けの役割を果たしています。

Marsaxlokk

マルサシュロックの歴史
1982年、マルサシュロック沖合の船上で米ソ首脳会談が行われました。協議の後、12月3日に当時のブッシュ米大統領とゴルバチョフ・ソ連共産党書記長はマルタの海上で冷戦終結を宣言、これが「マルタ会談」です。

Marsaxlokk

マルサシュロックのおすすめイベント
毎週日曜日には朝市が行われています。露店には、地元の漁師が捕ってきた生きのいい魚が並びます。また、近郊の農家で採れたトマトなどの野菜、オリーブオイル、雑貨、生花など、海岸通りが出店でいっぱいになります。マルタではほとんどのお店が日曜日閉店なので、ぜひマルサシュロック日曜マーケットに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

Marsaxlokk

行き方

1.BUS
ヴァレッタから81番(最短40分)


2.マルタスタディ観光サービス
マルタスタディでは日本語/英語ガイド付きプライベートツアーをご用意しております。
お手頃価格でタクシーサービスも行っております。より効率的に観光地を回ることができるので短期のご留学、ご旅行のお客様には特におすすめです。詳しい内容はこちら